So-net無料ブログ作成

台風18号本州上陸の恐れ 東海・関東でも対策を考えておきましょう [移動]

日本の南を移動中の大型で非常に強い台風18号のその後です。

本日18時台の気象庁のWebサイトによれば、5日15時に九州の南、
6日15時に東海にやってくきて、本州ほぼ全域に通る可能性がある
予報です。

関東地方では、月曜日は状況次第で早めに家を出ることも必要に
なりますので、早起きの心積もりをしておきましょう。

雨対策といえば傘ですが、風の影響をもろに受けてしまうため、
台風はやっかいです。傘の中にも、風に強い耐風傘というものが
あります。

風をいなしたり、骨が無駄に抵抗しないようになっていて、
濡れることを防げるわけではありませんが、負担が軽くなったり
破損の可能性を低くする工夫がされています。

ただし、強い耐風傘でも、不幸にも風速30m/s以上の樹木が
倒れるほどになるとさすがに耐えることはできません。
この場合は大変危険ですので、状況が変わるまで出社・登校を
見合わせ、外出しないようにしましょう。

昨年9月30日には、父島→小笠原諸島→伊豆諸島と移動した
台風22号と、フィリピン東→先島諸島→中国大陸と移動した
台風23号が同時発生し、台風23号が中国に大きな被害を
もたらしました。

その後も、10月4日に台風24号、10月11日に台風26号が日本に
やってきました。台風26号では土砂災害により多くの犠牲者が
でました。

今年もこの時期、まだしばらくはいくつかの台風がくるのでは
ないかと察せられます。
広告
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。