So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

海外スマホ レンタル不要に!?(ドコモ) [IT]

NTTドコモが発表しました。

海外回線にも対応のSIMを開発

とのこと。

海外への旅行・出張の際は、連絡手段の
確保のため、ローミングやレンタルを
検討しなければということになります。

ローミングを使うと高いし、レンタルだと、
契約・返却が面倒[バッド(下向き矢印)]だし。

海外での利用は、国内での利用との
そういうギャップを感じるものです。

今回のドコモのSIM開発の件、
利点があるのでしょうか

● SIMとは

今更ですが、よく聞くSIM。

新規契約すると窓口で何やら差し
込んでいるらしいもの。

機種等の契約変更をすると、旧い
端末から新しい端末に差し替える。

そう、あの小さいあれです。

差し込むなければならないらしいから
差し込む。普段利用する上ではそんな
程度のお付き合いですね。

携帯電話の自体はそんなものは
ありませんでした。

どうやらSIMに記録されている
情報から電話番号に変換することで、
電話として機能する仕組みのようです。

直接電話番号としないのは、
通信会社の方で電話番号を管理
している関係でしょうか。

とある通信会社の解説を見てみると、
携帯電話の場合は、これが本体に記録
されているから不要とのことです。

部品となったかわりに、電話番号を
SIMの差し替えで移し替えられるように
なったということですね。

対して、携帯電話の場合は通信会社の
情報と電話番号の対応一覧の書き換えが
必要なのでしょう。(だから手続き発生)

なお、SIMは電話番号と紐づいているので、
基本的には通信会社からのレンタル品
だそうです。


● で、安くなるの?

ローミングと比べてみていきましょう。

X国に渡航し、日本の電話にかける場合は、
いずれにせよX国から日本への国際電話
です。

X国に渡航し、X国の電話にかける場合に、
違いが生じます。

X国のSIMを使う場合は国内電話です。
ローミングの場合は、
日本からX国への国際電話です。

そう考えると、残念ながら
日本への通話はやはり高いまま
でしょう。

ただ、現地で旅行業者の担当者や、
出張先の関係者と連絡をとる場合には、
効果がありそうです。

料金についてはレンタルと同じ、
契約・返却の手間・電話番号の心配無し。

そんな感じになるのではないでしょうか。

しかし、スマホで通話するという場合、
電話回線を利用することすらない方式
もあります。

その他いろいろな業者から格安プランも
提供されており、基本料金を引き上げ
られるほどの効果は無いように思えます。

といっても開発費はどこかで賄われる
はずですので、要注意[バッド(下向き矢印)]です。

キャリアとの契約は明細表を見ると
とにかく複雑[むかっ(怒り)]ですからね。

契約見直しとならないことを祈ります。
広告
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。